« 仏の顔は一度だけ | トップページ | 口約束の立証責任 »

2006年11月11日 (土曜日)

Never give up!

土曜日なのに仕事漬け(>_<)

帰って夕食を作ろうとして、とりあえずテレビをつけると、女子バレーがかかりました。

セットカウント0-2で相手はセルビアモンテネグロ。勝敗は決まったかな、という感じでしたが、見事な逆転勝ちでした。

勝ち目が薄いということは勝てないということではないこと。

絶対的な差がない以上、ちょっとした流れ次第で勝敗はいかようにも動きうること。

わかっているようで、わからない概念です。

1球入魂の精神は素晴らしいですが、現実の現場で全てのプレーに魂をこめることは、事実上不可能です。

しかし、お金をもらってやっている仕事である以上、手抜きが許される理屈はありません。

いつもいつも本気モードというのは困難ですが、試合展開が良くないからもうこの試合は勝てんな、と早々とあきらめるのはプロとして失格です。

Jリーグでは残留争い、昇格争い両方とも熾烈な戦いが続き、1試合毎に、勝ち点3をとれなかったチームは頭をかかえています。

頭を抱える理由は人それぞれでしょうが、もっと前の試合で頑張っていたら、という気持ちはないでしょうか?

我々の仕事も同じ。常に全力投球というのは事実上不可能ですが、勝てそうにない事件で手抜きをするのではなく、そんな事案でも流れを呼ぶべくできる範囲で努力を続ける、それが依頼者に対する誠意の面でも、後々逆転の目が出るかどうかでも大きな影響があることを意識に入れ、頑張りたいと思います。

|

« 仏の顔は一度だけ | トップページ | 口約束の立証責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Never give up!:

« 仏の顔は一度だけ | トップページ | 口約束の立証責任 »