« 復活!安藤美姫。 | トップページ | 破産するにも金が要る »

2006年10月30日 (月曜日)

消費者金融時代の終焉?

アコム・アイフルが黒字経営から一転大幅赤字となる見込みとなりました。

過払訴訟に備えて、資本の3割近い引当金を設定したためです。

過払訴訟は弁護士にとっては最も「おいしい」訴訟で、訴状さえ作ってしまえば、それ以上に特段の努力をせずとも簡単に勝て、相手の資力にも余裕があり、確実に債権回収できるからです。

消費者金融の盛況ぶりは、有名女優を惜しみなく起用するCMや、スポーツ等のスポンサーにも今ではあたりまえのように進出してくることなどから、容易にわかります。

今回、引当金を設定したのは毎日山のように届く訴状処理がおいつかなくなってきたことを示し、すぐに消費者金融が危険な状態に陥るとまでは考えられませんが、消費者金融業者に余裕がなくなってきたのは間違いないでしょう。

実際の実務でも、取引履歴開示の先延ばし、和解案返答の先延ばし、訴訟の第2回期日の先延ばし、支払期日の先延ばし・・とあらゆる手を使って必死に支払いを遅らせようとしてきます。

今後グレーゾーン撤廃によって、消費者金融業者はさらなる苦境に陥ることになると予想されますが、これまで消費者金融業者に支えられてきた多くの人には転機を迎えようとしているようです。

消費者金融に頼りきらない強い人間となるよう、皆頑張っていかねばならない時期が来たようです。

|

« 復活!安藤美姫。 | トップページ | 破産するにも金が要る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 復活!安藤美姫。 | トップページ | 破産するにも金が要る »