« 和解交渉の理想と現実 | トップページ | 消費者金融時代の終焉? »

2006年10月29日 (日曜日)

復活!安藤美姫。

今日の安藤美姫選手の活躍には多くの人が驚いたことと思います。

かつては天才少女として持ち上げられ、昨年には浅田真央選手の台頭で影が薄くなり、今年のトリノでは、自分の滑りができず大舞台で転倒を繰り返す有様。

ミキティはもう終わりではないかという話もあちこちでささやかれました。

そんな私も今日のテレビ観戦は、もっぱら浅田真央選手の完成度の高い演技を楽しみにしていました。

ところが、蓋をあけてみれば安藤選手は自己記録を大幅に更新するとんでもない得点で優勝。

4回転ジャンプは封印し、確実に難度の高い演技をこなして得点を稼ぐ方法論は、基本的ではありますが、尊敬し、見習うべき考え方だと思います。

同様のジャンプを浅田真央選手ができなかったことを考えると、基本(とはいってもあくまで、トップ選手の間での話で非常に高度な技)を重視し、鍛えてきた安藤選手は素晴らしいと感じます。

本当に素晴らしい選手というのは、4回転ジャンプという誰にも困難である高度な技をできるかどうかよりも、まずは、誰でもできることを確実にこなし、そのうえで、トップ選手にしかできない技をいかに確実に丁寧にできるかだと思います。

我々弁護士も、勝てない訴訟に勝つことよりも、勝てる訴訟に確実に勝つこと、困難な事案で丁寧に依頼者の意思にかなった解決をすることが大事だと思います。

成功者には常に何らかの学ぶべき点があると思います。

前向きにどんどんそういうところを吸収していきたいと思います。

|

« 和解交渉の理想と現実 | トップページ | 消費者金融時代の終焉? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復活!安藤美姫。:

» フィギアスケート日本勢が表彰台独占 [今、話題のキーワード]
表彰台独占 男子 NHK杯 女子 フィギュアスケート 浅田真央 2位 男女 日本勢 3位 すごい 高橋 独占 日本 日本人 ファイナル 初優勝 表彰台 織田 第6戦 演技 GP NHK杯フィギュア 1位 ビッグハット フィギュア 3日 長野 フリー 凄い トリノ五輪8位 関大 中野友加里 フィギュアNHK杯 合計247.93点 続き 日本人選手 フィギュアスケートNHK杯... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月曜日) 07時56分

» 安藤美姫 残念!! [ミィの「今日の気になる話題」]
全日本フィギアスケート選手権女子、安藤美姫の苦痛の表情・・・見ている方が痛かった... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日曜日) 13時46分

» 世界フィギュアスケート、安藤美姫、浅田真央おめでとう! [Yahoo!ニュースで今日も元気]
<世界フィギュア>安藤美姫が優勝 浅田真央は銀 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000090-mai-spo 安藤美姫がやりました! 4回転へのチャレンジはありませんでしたが、 優勝をねらった見事な演技で1位。 浅田真央の演技もすばらしかった。 ジャンプで小さなミスはあったが、 あいかわらず落ち着いて、背筋の伸びた...... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日曜日) 01時12分

« 和解交渉の理想と現実 | トップページ | 消費者金融時代の終焉? »