« 判例を変えられるのは最高裁 | トップページ | 真面目人間は損をする? »

2006年10月13日 (金曜日)

リスクを冒さないために積極的に!

日本サッカー協会技術委員会がサッカーワールドカップの敗退原因をまとめました。

その一つに、守備の意識の甘さが挙げられています。

少し前までは、格上相手には、引いて守ってカウンター攻撃というのが格下チームの基本的な戦い方でした。

しかし、強豪チームが、攻撃時のリスク管理を徹底するようになり、引いて守ってもなかなかカウンターの機会がないのが現代サッカーの現状となっています。

そのため、失点しないための守備の基本がゴール前に人を集めてシュートを防ぐのではなく、ゴール前にボールを運ばせないよう、早めにプレスをかけてボールを奪ってしまうのが良いと考えられるようになりました。

日本はこの意識が不足していたため、ずるずると失点を繰り返した可能性があると、レポートには記されています。

オシムはこの意識改革のために、走らないエリート選手をメンバーから外し、ガッツのある若手を重用しようと試みています。

その方向性はレポートに沿うものでしょうが、現実の日本代表は先日のインド戦のパフォーマンスが示すとおりです。

アジア相手では、守備に手を抜いても、相手が大抵ミスをしてくれるので、失点にはつながりにくい。

それに慣れ、手抜き守備に体が慣れてしまうと、トップチーム相手に通用しなくなることが指摘されています。

失点のリスクを減らすために積極的に攻めて出るというのは斬新な考え方ですが、サッカーに限らず、あらゆる場面で活用できそうな方法論である気がします。

|

« 判例を変えられるのは最高裁 | トップページ | 真面目人間は損をする? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスクを冒さないために積極的に!:

» 俊輔 [俊輔がハットトリック]
ハットトリック [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日曜日) 10時18分

» SOX法: リスク重視-トップダウン型 [SOX法とは?]
経営者とは、企業の内部統制整備と、その有効性評価・内部統制報告書へ 署名をする責... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火曜日) 08時00分

« 判例を変えられるのは最高裁 | トップページ | 真面目人間は損をする? »