« 負け犬スパイラルに陥るとき | トップページ | スポーツ選手の表現の自由 »

2006年9月29日 (金曜日)

いきなり連鎖するもの

大阪西天満で弁護士をしていますので、活動の場は主に大阪地裁周辺です。

他の裁判所の仕事も当然ありますが、割合的には多くありません。

ところが、この1週間で裁判だけで3回、私用も含めると5回神戸に行くことがありました。

普段神戸に行くことはほとんどないだけに嵐の訪れを感じました。

また、民事裁判は基本的に書面のやりとり中心で証人尋問の予定はあまり入りませんが、これも、この1週間で4件立て続けに来て、今週はかなりへばってます。

最近風邪をひいた人をよくみかけますが、私も尋問で弱った喉をやられないようこの週末は気をつけたいと思います。

そんな私の夕食は基本的に自炊ですが、なぜかついつい連日サンマの塩焼きで一杯やってます。

最近始めたテトリスDSでも、はまらないときはまったく当たりが来ないのに、はまるときは面白いように4段消しが連鎖します。

いずれも確率の問題だと思いますが、こんなに普段あまりない、確率の低いことが連鎖すると少し気味が悪いですが、こういうこともあるのだな、と感心する一週間でした。

|

« 負け犬スパイラルに陥るとき | トップページ | スポーツ選手の表現の自由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきなり連鎖するもの:

« 負け犬スパイラルに陥るとき | トップページ | スポーツ選手の表現の自由 »