« 酒の許容量 | トップページ | 事件の把握の仕方 »

2006年9月 3日 (日曜日)

お年寄りをいたわる心

厚生労働省が全国の老人ホームの調査を決定しました。

近時社会問題となっている虐待問題の実態を把握するためです。

老人ホームに入ってまで不安な人生を送らざるをえないというのは非常に悲しい話です。

朝刊を読んでいたら、耳が遠い高齢夫婦の間で喧嘩があり、妻が夫を殺害してしまったという事件もありました。

いずれもお年寄りにいらだって生じた事件だと思います。

それは誰もが感じるいらだちだとは思いますが、お金をもらって仕事としてお年寄りを介護している人や、長年連れ添ったパートナーがこのようないらだちに耐えきれず、犯行に至ってしまうのは非常に悲しいことです。

親による子供の虐待も、教師による教え子への体罰問題も背景には同じものがありそうです。

好きな仕事ではなく金のための仕事をしていたら出来る限り楽をしようとする。

自分の思うとおりにならなければ血のつながりのある親族でも敵視する。

恐ろしい世の中になったと思います。

このような悲惨な事件をしっかりと直視してまずは自分がこのような愚行に及ばないこと、次に周りの人がこのような行為に及ばないようしっかりと人の心をはぐくんでいかないと感じます。

|

« 酒の許容量 | トップページ | 事件の把握の仕方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お年寄りをいたわる心:

» 介護保険の始まり [知って得する! 生命保険と損害保険]
1980年代を通して、介護の負担が家族を苦しめていることが、社会問題になると.... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火曜日) 00時41分

« 酒の許容量 | トップページ | 事件の把握の仕方 »