« 大阪府立体育館の監督責任 | トップページ | 御所を見下してはならない »

2006年8月 6日 (日曜日)

試合の流れを呼ぶものは

今日は、昨日に引き続いてバスケを見に行こうか、高校野球を見ようか悩み、大阪桐蔭vs横浜戦観戦を選択しました。

昨日、洛南高校が福岡大大濠を撃破した試合同様、有力校が優勝候補本命校に快勝した試合ですが、試合の流れをうまくつかまれれば、優勝候補でもボコボコにされることを思い知らされる試合でした。

今日の大阪桐蔭の試合は、序盤は横浜のペース。

初回に簡単に先制した後も、攻撃の手をゆるめない。対する大阪桐蔭はなかなか攻め手をみつけられない。

完全に横浜のペースと思いましたが、大阪桐蔭はバッテリーを中心に、良く守りました。

中盤まで堅実な守備で互角の展開を演じることができたことがまず今日の試合のポイントだったと思います。

4回裏、大阪桐蔭1死2,3塁の場面で打者は九番投手の場面では、私は代打で一気に攻め込むべきだと思いましたが、結果的に中盤まで守備を重視した戦術があたりました。

あとは、相手が守り疲れたときに一気にたたみかける攻撃力。

7,8回の集中打は見事でしたし、特に8回は、府予選から調子の良くない謝敷選手に当たりがもどり、前の2打席敬遠された中田選手にも気持ちよくバットを振らせることができて最高の結果だったと思います。

あとは、4回に投手をかえなかったことをふくめ、大阪桐蔭は選手起用が的中した反面、横浜は2番手以降の投手が打ち込まれ、選手起用の妙もあったと思います。

昨日の洛南vs大濠戦も、中盤まで洛南が大濠の選手に対し、しっかりと厳しいディフェンスをしかけてリードを維持し、第3Pには主力選手を少しずつ休ませて、勝負どころの最終Pに備え、最終Pに大濠が攻め急いできたところを精度の高い速攻・カウンターでリードを広げて、しとめたという展開でした。

堅実な守備・適切な選手起用・勝負どころで一気に加点する攻撃力・決定力。球技で流れをつかむにはこの3つが大事だということがよくわかります。

|

« 大阪府立体育館の監督責任 | トップページ | 御所を見下してはならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試合の流れを呼ぶものは:

« 大阪府立体育館の監督責任 | トップページ | 御所を見下してはならない »