« 中国ではネットも検閲 | トップページ | NIPPONの生きる道 »

2006年8月19日 (土曜日)

高校野球が巨人戦に視聴率で圧勝

高校野球の人気が絶好調です。

観客動員もすごいですが、テレビ視聴率も10%以上を確保するなど、好調です。

松坂やダルビッシュにようなスター選手はいませんが、打高投低の大会で、ホームランが数多く飛び出したり、試合展開が二転三転するなど、筋書きのないドラマに一喜一憂できるのが人気の秘密ではないかと感じます。

高校野球は、1試合2時間でスケジュールが組まれていますので、第4試合ともなると、相当時間がずれますが、それでも試合終了まで中継を続けるのは素晴らしいと感じます。

それに対し、今日の巨人ー中日戦の中継は、8回裏に負けている巨人の攻撃中、しかも、李の打球の行方の不安を残すという最悪のかたちで打ち切りとなりました。

技術的には圧倒的に巨人戦の方がレベルが高いですが、視聴率で高校野球が圧倒する理由はいくつかあると思います。

その一つに、高校野球は地元の代表という感じが強く、サッカー日本代表を応援するように、地元の有望な若者をいっちょ応援しようという気運が高いのではなきかと思います。

しかし、高校野球では越境入学の問題があり、

駒大苫小牧の絶対的エース田中は兵庫出身で、純粋道民だけだと3回戦がせいぜいなレベルでしょうし、

智弁和歌山も大阪や京都から選手が来ており、純粋県民だけではやはり3回戦レベルではないかと感じます。

さらに、西東京は地理的に神奈川の方が近く、多くの神奈川県民が活躍しています。

このように、高校野球の上位校は必ずしも地元密着の体制はとっていませんが、それは細かい報道に注目しなければ気づかないこと。

北海道民は、駒大苫小牧を北海道の誇りと信じ込んで応援しているのでしょう。

ただ、ここに、プロ球団の弱小チームや、少子化の中で生き残りをかける私立校の生きる道のヒントがあるような気がします。

金銭的リスクを負って、有能な人を特待するのではなく、地元密着で、着実に構成員をレベルアップすれば、地元での好感度はあがり、経営もうまくいくのではないかと思います。

そう考えると、昨年までの巨人は最悪の経営を行っていたことになり、高校野球に視聴率で完敗するのもいたしかたのないことと感じます。

|

« 中国ではネットも検閲 | トップページ | NIPPONの生きる道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球が巨人戦に視聴率で圧勝:

« 中国ではネットも検閲 | トップページ | NIPPONの生きる道 »