« 靖国参拝是非の理屈と本論 | トップページ | 1球の重み »

2006年8月16日 (水曜日)

高校野球人気復活?

高校野球の人気が復活したのか、連日甲子園が満員状態です。

こんな状況では、午後の試合が目当てでも午前の早い段階から並ぶ必要があり、さらに、人気を過熱します。

今年はそれほど、プロ即戦力になりそうな有名選手が多数いるというわけではありません。

ファンの多い有名校も次々と姿を消しています。

松坂やダルビッシュの出場していた年の人気は理解できますが、今年の甲子園人気は一概に説明はできないことではないでしょうか?

今日でベスト8が出そろいましたが、今後の展開は

・本命ー駒大苫小牧

勝ち方を知っている。くじ運にも恵まれている。

・対抗ー智弁和歌山

強豪と次々と撃破。タレント集団としてはナンバーワン。

・準対抗ー早実

ここまで快勝続き。斉藤投手がどこまで安定して活躍できるか。

・穴ー福知山成美

どこがでても(東山だけは除く)、そこそこに強い京都代表のジンクスが味方する。

という感じでしょうか。

高校野球を観戦して思うことは、守備機会中にどんどん選手を交代すること。

一度ベストメンバーと決めたらトーナメント中にはみやみにオーダーをいじらないのがセオリーですが、今大会では、できる限り多くの選手に出場機会を与えようとする配慮か、適材適所の徹底か、メンバー変更が、代打・リリーフ以外でも非常に多いです。

見てる側としては、名前を知らないなりに雰囲気で楽しめますし、頑張ってユニフォームをかちとった選手にもいい状況なのではないかと思います。

あとは、ゴミの量がすさまじまった・・・

数万人単位の観客が訪れる会場の管理は大変だと改めて感じます。

|

« 靖国参拝是非の理屈と本論 | トップページ | 1球の重み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球人気復活?:

« 靖国参拝是非の理屈と本論 | トップページ | 1球の重み »