« 今日の行列のできる法律相談所~ものはいいいよう、そしてタイミング~ | トップページ | 今さらながら、他人の電子メールののぞき見は犯罪です。 »

2006年7月10日 (月曜日)

イタリア優勝

週のはじめから無理するのは、と思いつつも、ワールドカップ決勝戦はきちんと見届けました。

私がイタリアを優勝予想にあげた最大の理由はただの勘ですが、5月にキリンカップを観戦に行き、日本代表の守備力に不安を抱いたことから、守備の固いチームが優勝しそうかな、と感じたことと、イタリアの攻撃陣は絶対的なエースといえる存在はいないように感じましたが、ベンチメンバーまで層が厚く、試合毎に使い分けができそうで、一発勝負を勝ち抜くには有利な構成かなと思ったことも原因としてあります。

結果的に、イタリアは守備ではブッフォンとカンナバロを中心に、オウンゴールとPKの2失点のみに抑え、攻撃では試合毎に、時間帯毎に交替交替でヒーローが誕生し、穴のない、対策のしにくいチームに仕上げてきました。

今日の試合も、いきなりの失点に驚きましたが、前半は良く中盤を構成し、コーナーキックを中心に決定機を演出し続けて、いいリズムで攻めていました。

まるで、バレーボールのスパイクを見ているかのような、コーナーキックからのヘディングシュートや、相手をはじき飛ばす強烈なディフェンスは、今の日本人選手ではなかなかできないだろうと思い、今後の日本サッカーのために参考にすべきと考えました。

後半は、流れが悪くなり、選手交代も中々功をそうさず、苦しい時間帯が続きましたが、固い守備でなんとかしのぎ、PK戦は全員がきっちり決めて世界一の栄冠を手にしました。

守備といい、中盤の構成といい、サイド攻撃からのフィニッシュといい、PK戦といい、堅実なプレーでかちとった優勝だと思います。

だからこそ、ジダン退場の経緯は残念に感じます。

今回の大会は日本にとってたくさん学ぶものがあった大会だと思います。

次回のワールドカップに向けては、オシム新体制のもと、大幅な若返りがなされるかもしれませんが、ぜひ今大会から様々なことを学び、次回は良い結果を残してくれることを切望します。

|

« 今日の行列のできる法律相談所~ものはいいいよう、そしてタイミング~ | トップページ | 今さらながら、他人の電子メールののぞき見は犯罪です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア優勝:

« 今日の行列のできる法律相談所~ものはいいいよう、そしてタイミング~ | トップページ | 今さらながら、他人の電子メールののぞき見は犯罪です。 »