« 東大で環境型セクハラ処分 | トップページ | 好きこそものの上手なれ »

2006年6月13日 (火曜日)

オーストラリア戦の想定内と想定外

本日のオーストラリア戦、筆者は2-1で勝利を願いつつも、現実的に2-2で引き分けと予想していました。

結果的に、そうなりそうでならなかった試合でしたが、その中で、私の想定内と想定外をまとめたいと思います。

1,守備的な試合運び 想定内

 中盤の構成力などを考えれば、日本が主導権を握ってもおかしくないと思われましたが、試合開始が午後3時という暑い・消耗する時間帯であったこと、その後のクロアチア・ブラジル戦を想定して、守備重視でカウンター狙いという試合運びは予想できました。

2,先制点 想定内

 先制点は必ず日本がとると思っていました。かたちとしては、FW2人が陰のアシストをして中村の精度の高いキックで仕留めるという日本の得意形でした。

3,序盤の守備 想定内

 守備的に進める以上、ある程度のピンチを招くことは予想の範囲内ですし、1発目のキックは川口がとめてくれ、セカンドエフォートのケアが大事だと思っていましたが、それをしっかりとかなしており、この時点で「ひょっとしたら2-0かも」と期待し始めました。

4,追加点とれず 想定外

 せっかくのカウンターのチャンスを凡ミスでつぶしたり、シュートうてるところをうたなかったり、追加点をとろうという意思が攻撃陣から感じられなかった点が気がかりになり始めます。

5,2失点まで 想定内

 暑い時間帯の試合で、消耗戦となった場合(昨年のナビスコカップ決勝等)、どうしても、相手をフリーにしたり、ミスが出たりします。

 そこは見逃してくれないだろうという予想はたちましたし、1失点した後、攻撃的に出るのであれば、もう1失点するだろうというのも予想できました(こんな素人がズバズバ予想当てる試合するなよ)。

6,交代選手 想定外

 小野投入は意図がわからないではありませんが、メリットとリスクを比較するとあまり意味のない投入だったきがします。

 守備を意識してボランチを投入するなら遠藤の方が良かったきがします。

 個人的には消耗戦でリードしている以上、点はとれなくてもスピードのある玉田を投入してかきまわすのが良いと考えていたため、柳沢が痛んだ段階で玉田の投入を予想していたのですが、外れました。

 中村がかなり消耗していたので、小笠原か中田をトップ下にするべきかとも考えましたが、これも外れました。

 大黒選手は同点に追いつかれた段階で投入されるべきだったのに、あまりにも投入が遅すぎたと思います。

7,3失点目 想定外

 消耗して、期待した勝ち点を落としてはこういう結果になっても仕方ないのかもしれない。

1点リードしている段階で攻めの意識を失わなければ、適切な選手交代をしていれば、2-1で勝てたのではないかと個人的に考える非常に残念でした。

次はカウンターサッカーのクロアチア。調子に乗って攻めさせられて、カウンターであっさり失点という目に浮かぶパターンにはまらないことを祈るばかりです。

|

« 東大で環境型セクハラ処分 | トップページ | 好きこそものの上手なれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア戦の想定内と想定外:

« 東大で環境型セクハラ処分 | トップページ | 好きこそものの上手なれ »