« 日本代表の現状 | トップページ | 自然体 理想の組み合わせ たいせつにするもの »

2006年6月18日 (日曜日)

クロアチア戦

サッカー日本代表の行く先はオーストラリアにゆだねられることとなりました。

可能性については、オーストラリアーブラジルの結果が出るまでは触れないこととします。

試合の雑感ですが、やはり川口はPK阻止を始め、ワールドクラスの仕事はしていたと思います。

DFについては、宮本のファールがややいただけないものの、良く走り、良く競り合い、これまでのテストマッチとオーストラリア戦での失敗をきちんと修正していたと思います。

ヒヤヒヤする場面はいくつかありましたが、それは前掛かりになった結果や、前線の選手が簡単にボールをとられてしまった結果だと思いますので、決定機を与えたからといって非難されるべきことではなく、むしろ、良くやっていたと思います。

そんななか、チーム全体がしんどい試合でしたので、終盤は簡単にクリアするのではなく、もっとボールをキープし、つなげると良かったと思います。

攻撃陣については、オーストラリア戦の再現を見ているようでした。

ラスト15分は日本の持ち味であるパスもろくにつなげず、サンドバッグ状態。

オーストラリアはその時間帯に集中して仕事をしましたが、クロアチアがそれをできなかっただけ、という解釈も出来ます。

報道陣は暑さで足がとまったことを重視しているようですが、中田が会見で話していたとおり、それはお互いに対等の条件であって、結果を出せなかった言い訳にはなりません。

テレビ放映の関係で昼の暑い時間帯の試合となったことは、選手には不運なことでしたが、試合日程は予めわかっていることで、トレーニングキャンプの段階でもう少ししっかりと走り込む必要があったのではないかと思います。

中村と小野は日本のパスサッカーの象徴ですが、こういう条件下では、あまりにも走れない選手であることも露呈した大会だとも思えます。

Jリーグでは主力選手を次々と強奪されているジェフ千葉が安定した成績を残していますが、それはジェフがしっかりと走れるチームだから。

昨年のナビスコカップ決勝でも、最後まで足がもったからの優勝でした。

裏を返せば、その程度で成績が出せるほど、Jリーグがぬるいとも言えるかもしれません。

とりあえず、ブラジル戦は、これまでの全ての反省を活かした集大成としての試合にし、その後、改めて、日本のサッカーを見直して、新たに強いチーム作りをしてほしいと思います。

|

« 日本代表の現状 | トップページ | 自然体 理想の組み合わせ たいせつにするもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロアチア戦:

» J2が熱い!! [jリーグ大好き!]
W杯も熱いですが、国内のJリーグ、J2も熱いです!!後半戦の展開予想をしてみました。 [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月曜日) 11時33分

» 100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」の誕生 [100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」]
はじめまして。新感覚情報検索ポータルサイト「フロンティア」誕生のご挨拶させていただいております。毎日少しずつ進化する楽しいコンテンツ満載のポータルサイトです。ぜひ一度お越しください。それでは失礼致しました。 [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火曜日) 21時02分

» ワールドカップサッカー日本代表いよいよブラジル戦 [ファーストネ−ションズ]
いよいよ明日ブラジル戦!夜中なので起きられるかが心配だが、ブラジル戦だけは生で見たいと思ってる。日本の左サイドの攻防が奇跡への足がかりになる。既に1次リーグ突破を決めたブラジルは、ベテランで警告を受けている右サイドバック、カフーを温存し、シシーニョを起用する方針。・・・つづく... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水曜日) 17時38分

« 日本代表の現状 | トップページ | 自然体 理想の組み合わせ たいせつにするもの »