« 誤認逮捕で10か月間不当勾留 | トップページ | 遅すぎる優勝予想 »

2006年6月30日 (金曜日)

誤審は永遠の課題?

サッカーワールドカップは強豪国が順当に勝ち残る、普段とは違った意味で予想に反した結果となっていますが、今大会も誤審問題に揺れています。

日本人はおそらく誰もみていなかったのでは?と思われるクロアチアーオーストラリアの1戦では、一人の選手が3枚のイエローカードを提示されるという珍事がありました。

グループリーグのフランス対韓国戦では、空中でゴールラインをこえたように見える場所から、韓国のGKがボールをかきだし、ゴールが認定されなかったことがありました。

日本対オーストラリアでは、日本の1点目がキーパーチャージではないか、日本が同点にされた直後に、駒野が相手PA内で倒されたのはPKではないか?など、疑問点がいくつかあります。

人間である以上、ミスはなくせないとは、ブラッター会長の言葉ですが、それならもう少しビデオ判定を取り入れ、少しでも確実な判定を心がけられないでしょうか?

NFLでは、微妙な判定で納得がいかない場合、チャレンジという制度があり、主審にビデオを見て再ジャッジしてもらう制度があります。

ビデオをチェックした結果、主審の当初の判断が正しかった場合、チャレンジしたチームに罰則が課されますので、むやみに請求される制度ではなく、非常に興味深いです。

他のスポーツでもこのような制度を導入できないか、個人的には期待しています。

前回大会は韓国の躍進で盛り上がりましたが、その陰には、トッティのシミュレーション退場や、スペインの攻撃がラインを割った割らないの話など、後味の悪い要素が多々ありました。

今大会は、誤審がありながらも大きな混乱はなく、強豪国が順当に勝ち残っているのは、非常に良いことだと感じています。

|

« 誤認逮捕で10か月間不当勾留 | トップページ | 遅すぎる優勝予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤審は永遠の課題?:

» 【サッカーW杯】オトボケ会長のヨタ話 [32問ロケット♪]
>ベッカム、批判は結果で黙らせる >http://sports.livedoor.com/article/detail-3637942.html (まとめ) ・イングランドは、ゼップ・ブラッター会長(70)に  消極的な布陣を、「V候補に似合わない」と批判された ・これをベッカムが無視すると宣言 ↓↓会長....... [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土曜日) 18時32分

» 【サッカーW杯】オトボケ会長のヨタ話 [Bone? to be Wild?]
32問ロケット♪から引っ越しました。たびたびすみません。 [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日曜日) 16時11分

« 誤認逮捕で10か月間不当勾留 | トップページ | 遅すぎる優勝予想 »