« 奈良放火事件で少年を確保 | トップページ | 損害なき不法行為 »

2006年6月23日 (金曜日)

ブラジル戦感想

ブラジル戦に限らず、3試合全体に言えることかもしれませんが、チームとして試合運びのプラン等はある程度共有できていた、その点は非常に良かった、それがプラン通りに進まず、混乱に陥り、個別の極面でも、その後の展開でもボロボロになったといったところでしょうか?

「あの時ああしていれば」というところが山ほどありそうな悔いの残る大会だったような機がします。

今日のブラジル戦、前半は押されながらも川口を中心とした守備でしのぎ、試合プランどおりに、相手の中盤の選手を抑え、日本得意のパス回しから先制点を奪う。

ここまでは非常に良い試合展開でした。

日本が歴史上はじめてブラジルのフル代表からリードを奪った10分間でした。

ただ、2点差以上の勝利が求められたこの試合、目標を果たすためには、このペースで90分戦う必要がありました。

歯車が狂ったのは前半ロスタイムの失点。これで、後半より前掛かりにならざるをえなかった日本は中田を前に押し出して攻撃に重点を置くが、中盤の守備の要を失い、ブラジルに中盤の低い位置で比較的自由にボールをもたれ、そこを起点に3失点。終戦となりました。

前半1-0で逃げ切れば、同じペースで追加点を奪いあわや・・という展開になった可能性があります。

しかし、このような「たら」「れば」はスポーツの世界に禁物です。そもそもオーストラリア戦を勝ちきっていたら決勝トーナメントに行けたはずですし、オーストラリア戦に勝ちきれなかった、終盤失点を重ねたことに始まり、大会全体として力をだせなかったのは、日本の力不足といわざるをえません。

華麗なパスサッカー自体が世界で通用することはもう何年も前からわかっていたことです。

これを勝利につなげるためには、パスサッカーの基礎となる走力・ボール争いの大きな要素となる高さ・パスをつないだ後のシュートの精度が必要不可欠ですし、今大会でそいれを改めて実感したと思います。

高さについては、これから長身選手の強化指定など、時間をかけて対応していくことだと思いますが、走力とシュート力は明らかな練習不足ではないかと思います。

これらが欠けていたから、余裕がなくなり、一度プランが崩れればボロボロになったわけです。

Jリーグでは、それほど力のないチームがJ1残留や上位浮上のためにこれらを徹底的に鍛えるチームがありますが、エリート集団の代表チームではこれらを鍛える練習をしているとの報道はあまり聞きません。

今大会の屈辱的な結果を受けて、力不足を痛感した選手達が新しい代表チーム結成後に高いモラルをもって練習を先導し、4年後に同じ過ちを繰り返さないことを切望します。

|

« 奈良放火事件で少年を確保 | トップページ | 損害なき不法行為 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル戦感想:

» 日本予選敗退 [toshio10]
後半、ジュニーニョの強烈なミドル。 翼&岬のツインシュートばりの揺れ方。 [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金曜日) 13時58分

» W杯1次リーグ突破ならず [ファイトクラブ!資格道]
完敗!! ドントムントの奇跡は起こらなかった・・・ 日本 1 VS 4 ブラジル [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土曜日) 01時11分

» 決勝トーナメント [toshio10]
決勝トーナメントに進出する16チームが決定しました [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土曜日) 12時33分

« 奈良放火事件で少年を確保 | トップページ | 損害なき不法行為 »