« 国民投票法案審議中 | トップページ | 今日の行列のできる法律相談所~普通の人ならどう考えるか~ »

2006年5月27日 (土曜日)

オリックス そして 清原

今日のオリックス対横浜

6対3で横浜リードの9回、1死満塁のチャンスを作ってバッターは清原。

結果はマンガのような劇的逆転サヨナラ満塁ホームラン。

春のWBCでは、コンスタントに好結果を残せるスター選手らが世界一になりました。

ペナントレースでもWBCでも、頂点にたつチームには安定性が不可欠となっています。

それを考えると、今年のオリックスも清原も頂点に立つには、力不足ではないかと思います。

しかし、オリックスも清原も、意外なところで思わぬ結果を残すため、観る者を飽きさせません。

オリックスは下位チームや、相手先発投手がローテーションの谷間のときに良く負ける反面、上位チームや相手エース級投手を打ち砕いて勝利することがあります。

清原は、打率や打点といった目に見える結果にはなかなか残るものがありませんが、今日みたいに試合を決定づける働きは少なくありません。

最近の新庄関連の話題もそうですが、プロスポーツの見所は、優勝の行方だけではなく、本当に多岐にわたっています。

逆にいえば、有力選手が海外に流出して、国内リーグのレベルが落ちても、残った選手がどれだけ意識して、プロとしての仕事を全うできるかにより、スポーツの人気はいくらでも左右されるものだと思います。

|

« 国民投票法案審議中 | トップページ | 今日の行列のできる法律相談所~普通の人ならどう考えるか~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリックス そして 清原:

« 国民投票法案審議中 | トップページ | 今日の行列のできる法律相談所~普通の人ならどう考えるか~ »