« 出足好調?労働審判制度 | トップページ | イベリコ豚の丸焼き »

2006年5月 3日 (水曜日)

弁護人求刑って・・・

裁判員制度の模擬裁判が進むなかで、「どうして検察官だけ求刑を行い、弁護人はしないのか」という疑問が持ち上がり、日弁連において、無罪主張でない事件においては、弁護人も求刑意見を出すべきではないか検討されているようです。

一般人である裁判員としては、当然に抱く疑問でしょうし、量刑判断のために少しでも多くの材料が欲しいところでしょうから、弁護人も求刑を行った方が、裁判員制度上は、有用な気もします。

しかし、裁判官や検察官と異なり、依頼者と委任関係にある弁護人が、果たして、依頼者との関係を排除して、客観的視点で求刑意見を出せるか、大いに疑問があります。

とりわけ、弁護人が求刑意見を出すことにより、事実上「弁護人の求刑が量刑の最下限」という認識をもたれてしまうのでは、弁護人の意見は消極的にならざるを得ず、事実上無意味、あるいは、依頼者との関係において有害な意見にすらなりえます。

法律上、執行猶予が付されるための要件は厳格に定められていますが、このような法律の存在を無視し、「執行猶予を求める」という強行意見を発する弁護士も少なくないと言われる現状においては、弁護人の求刑意見は依頼者に対するパフォーマンスとして、前例や前提事情を無視した、被告人に科されられ得る最下限の刑罰に絞られてきそうです。

それであれば、裁判員制度のもとでは、裁判官が裁判員に対して用意する量刑資料の中で説明すれば足りることであって、弁護人がわざわざ法廷において、依頼者やる被告人に「被告人を懲役○年に処せよ」などと言わなくても良い気がします。

裁判員制度を有効活用するためには、裁判員に対する出来る限り多く、かつ、わかりやすい資料の提供が必須であろうと思いますが、弁護人の求刑意見の提出は、弁護活動の実態や、裁判官の仕事によるフォロー可能性を考えれば、実現は難しい、あるいは、実現してもそれほど有効に機能しないのではないかと思います。

|

« 出足好調?労働審判制度 | トップページ | イベリコ豚の丸焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁護人求刑って・・・:

» [日々のギモン&考えごと]弁護士側の求刑?下手すりゃ命取りになるかも [nekomakuraの日記]
まず、ソースはヤフーの記事より [http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3fa%3d20060502-00000137-jij-socidate=20060503203008:title=「弁護側求刑」を検討=厳罰化への歯止め狙う−裁判員制度で日弁連]。 記事自体が短くて判断のつかないところもあるんだけど、要は有罪がほとんど確定している場合に、裁判員(および裁判官)が検察側からの量刑と比較考量できる材料を出そう、... [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土曜日) 20時52分

» 裁判員制度は強制労働 [東京生活案内熟年雑談情報]
裁判員制度は2009年スタート。これは新しい徴兵制度。これは新しい強制労働。これは新しい労役課税。矛盾だらけの裁判員制度。歴史的悪法。亡国の道。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火曜日) 09時05分

« 出足好調?労働審判制度 | トップページ | イベリコ豚の丸焼き »