« 君が代妨害事件に対する当事者の思惑 | トップページ | 高齢者介護のこれから »

2006年5月31日 (水曜日)

ドイツ戦採点票(独断)

朝、なんとか起きてサッカー日本代表戦を観戦しました。

ブラジル戦がこの時間ですが、ブラジル戦の結果で決勝トーナメントに行けるかどうか決まるとなれば、この時間帯でもかなりの視聴率になるのではないかと思います。

試合内容としては、全体としては非常に良かったのですが、セットプレーで同じような失点(1失点目は私が見に行ったブルガリア戦の2失点目と全く同じようなかたち)を繰り返した点は非常に残念で、勝っていれば気持ちよく仕事に臨めていたはずでしたが、やや微妙な感じでこの記事を書いています。

以下は私の独断による採点

ジーコ 6.0 親善試合なので、プラン通りに選手起用するだけ、本番で同じような展開の際、同じような起用したら大幅減点ですが

川口 5.5 失点シーン自体はノーチャンスでしたが、もう少し相手セットプレー時のコーチングと視野の確保を

坪井 5.5 失点自体の原因ではないものの、全体として、及第点ギリギリレベルではないかと。世界と戦うにはもう少し持ち味を生かしたい。

宮本 5.0 1失点目はブルガリア戦と同じ。2失点目はマークマンにふっとばされ、フリーにした。修正点は多い。

中澤 5.5 高さで活躍も、その他は平凡。

福西 6.5 運動量多く、攻守によく顔を出し、スムーズなつなぎにも貢献。

中田 6.5 堅実な守備とパス。後方からの的確なチャンスメーク。で、さすが王様の貫禄。

中村 6.0 内容的には良好。でも、エースとして期待されている分、なんとなく物足りない感じも。

加地 6.0 いつも通りの好パフォーマンス。怪我が大事ないことを祈るばかり。

三都主 5.5 攻守に今ひとつ。左サイドの見せ場はあまりなかった。

柳沢 6.0 得点の起点となるなど、復帰直後の実戦としては、まずまずの出来。キーパーと1対1になった場面はきっちり決めて欲しかった。

高原 7.5 DF2枚置き去りにした2点目はワールドレベル。でもなんでドイツ国内の採点は2.0?

駒野 6.5 良く走り、攻撃の起点に、加地にアクシデントがあっても、安心して起用できる見込みがたった。

大黒 5.5 決定機2本にこじつける嗅覚はさすが。でも、それを決めるのが君の仕事。

玉田 ー 低い位置でプレーしようとしていたが、その役割を求められているのなら、松井が選出されていたか、小笠原が投入されていたはず。もっと、ゴールに近い位置で仕事をしてほしい。個人的には同点に追いつかれた際に起用するのは巻の方が良かったと思う。

まあ、巻と4バックは、対戦国の偵察の目を気にし、温存したと考えます。

|

« 君が代妨害事件に対する当事者の思惑 | トップページ | 高齢者介護のこれから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ戦採点票(独断):

« 君が代妨害事件に対する当事者の思惑 | トップページ | 高齢者介護のこれから »