« 愛情グラフは連続性がないからご注意を! | トップページ | 法の抜け穴と事後的救済措置 »

2006年4月24日 (月曜日)

本当に反省しているか

奈良の幼女殺害事件で、鑑定人の証人尋問が行われました。

証言によれば小林被告は、口先では反省してるが、被害者の痛みなどを理解しておらず、真に反省はしていないというものでした。

刑事事件で量刑を定めるにあたり、本当に反省しているかどうかは、今後の再犯可能性や、被害者の気持ち等の面で、非常に重大な情状となります。

実際に判決文においても、被告人の反省の有無を量刑の理由に記すことが非常に多いです。

そういうわけで、刑事弁護人の中には、被告人に反省文を書かせたうえで、法廷でも深い反省をしてもらうよう指示することも多いです。

しかし、被告人が本当に反省しているかどうかを見抜くのは簡単なようで難しい事項です。

量刑の理由に採用されやすい情状ということで、無罪主張の人を除くほとんどの被告人は法廷で反省しますが、そのほとんどは弁護人に勧められて、かったるいけれどしゃあないか、という感じで反省したり、被害者の痛みについてあまり深く考えず、通り一遍の反省をして、十分な反省をした気になっているケースではないかと思います。

そうすると、反省が真実のものであるかどうかは

・可能な被害弁償をしているか

・動機や経緯を全て捜査官に明らかにし、それについての反省が述べられているか

・前科の有無、及びこれに対する個別の反省が含まれているか

・反省の言葉が具体的かどうか

といった周辺的な事情から考察せざるをえない気がします。

そうすると、反省の有無はその他の情状の総決算として位置づけられるといってもいいものかもしれません。

奈良の女児殺害事件については、専門家が反省していないと判断したことにより、重い量刑が予想されますが、刑事事件の量刑判断にあたっては、このように最終的・総合的に判断する指標として、反省の真摯性を見てみるとわかりやすいかもしれません。

|

« 愛情グラフは連続性がないからご注意を! | トップページ | 法の抜け穴と事後的救済措置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当に反省しているか:

« 愛情グラフは連続性がないからご注意を! | トップページ | 法の抜け穴と事後的救済措置 »