« 一寸先は・・よく見えない | トップページ | 数字あれこれ »

2006年3月14日 (火曜日)

リーグ大国は必ずしもナショナルチームは強くない?

昨日の日本対アメリカ戦の疑惑の判定の余韻がまだ続いています。

そんななか、今日そのアメリカは韓国に完敗しました。

アメリカも日本と同様、トップ選手の一部が代表辞退したため、完全なメンバーではないですが、それでもメジャーリーグで結果を残してきた選手達で固めたチームです。

しかしながら、今のところ、カナダに打ち負け、メキシコを攻めあぐね、日本に微妙な判定で辛勝し、韓国に完敗と、いいところがありません。

アメリカは野球のみならず、バスケットボールでも、NBAのトップ選手を集めたドリームチームを結成しながら、思うような結果が出せていません。

野球とバスケに関しては、アメリカが世界で突出したプロリーグを有しているにもかかわらず、このような成績であるのは少し疑問を感じるところです。

サッカーに目を移しても、世界3大リーグのあるイングランド、スペイン、イタリアはいずれもワールドカップでベスト8前後に低迷しており、やはり、リーグのレベルに相応した結果が伴っていないように思えます。

活発なリーグがあれば、そのスポーツのプロを目指して頑張る子供も増え、国全体としてそのスポーツのレベルが底上げされると思います。

しかし、リーグを活発にすることが最終目的ではなく、あくまでも、国内での選手の育成、文化としての定着の方が目的として重視されるべきでしょう。

最近、どのスポーツでも、勝つために安易に海外の有力選手を、高い金を投じて連れてくるケースが増えています。

しかし、外人を連れてきて勝てばそれでいいというわけではないと思います。

阪神タイガースも、浦和レッズも、有名選手がいなくても、チームの成績が思わしくなくても、根強い人気を誇るチームはありますし、そういったチームこそ、子供達に夢を与え、また、日本のスポーツ文化を形成していっている気がします。

トップリーグを有する国が勝負弱い理由の一つに、試合に勝つために強力な助っ人外人を多く利用し、このような選手に依存しすぎている点も考えられるのではないでしょうか?

日本のサッカーや野球、さらには他のスポーツも、安易に外人選手に頼るのではなく、日本人選手の底上げ、スキルだけでなく精神的な成長も促す制度を意識してこれから制度を組みたてて行く必要があると思います。

|

« 一寸先は・・よく見えない | トップページ | 数字あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーグ大国は必ずしもナショナルチームは強くない?:

« 一寸先は・・よく見えない | トップページ | 数字あれこれ »