« 恋愛論語るはたやすいが・・・ | トップページ | どこまで真実かどうか確かめるべきか? »

2006年3月19日 (日曜日)

チームの完成度 ニアリーイコール 守備力?

WBCで日本がようやく韓国に勝ちました。

7回表の多村のバント失敗までは、息づまる投手戦で、どちらに転ぶかわからないハラハラした展開になりましたが、福留の一発で呪縛から解き放たれた後はこれまでの鬱憤を晴らすかのように打線がつながり、結果的に快勝となりました。

今大会はアメリカが調子を出せぬまま敗退し、優勝候補筆頭のドミニカもキューバ相手に攻めきれず、今日敗退しましたが、韓国を含め、勝ち抜いたチームは守備力が光っています。

これまでの日韓戦も、お互い安定した守備からゲームを組み立て、最後に守備が崩れたチームが敗れた構図となっていますし、先に流れをつかんだ(先取点を取った)方が圧倒的に有利な一発勝負において、まず、守備でリズムをつかみ、チャンスをうかがう、という作戦が最も効果的であることが証明された大会でもありました。

野球に限らず、サッカーのように得点が比較的入りにくい競技でも、逆にバスケットボールのように沢山得点をいれないといけない競技でも、点を入れない限り勝てないので、練習はまずオフェンスから始まりますが、大事な一発勝負で勝ち抜けるチームは守備力が安定しており、必要最低限の得点力とねばり強く安定した守備力を備えたチームはほとんどのスポーツで完成度の高い優勝候補のチームとなっているように感じます。

安定した守備力を得るために何をすべきかと言われれば、具体的には、地道な体力トレーニングと、反復継続した基礎練習に伴う確実性のある動きだと思います。

これは一朝一夕で得られるものではなく、また、完成と言える段階が存在せず、日々地道に努力しているかどうかが試されるものだと思います。

日本人は世界的に見て、身体能力的には高い方ではないので、それでも世界相手に勝ち抜くには、確実な動作による安定した守備力が必須なのでしょう。

韓国との過去2戦は、この守備力の点であと一歩韓国に及びませんでしたが、今日は見事に攻略し、過去2戦の鬱憤を晴らす快勝を見せてくれました。

ラストのキューバ戦は使える投手・野手が一丸となって失点を最小限に抑え、チャンスをなんとかものにして、優勝の栄光をつかんでもらいたいものです。

|

« 恋愛論語るはたやすいが・・・ | トップページ | どこまで真実かどうか確かめるべきか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チームの完成度 ニアリーイコール 守備力?:

« 恋愛論語るはたやすいが・・・ | トップページ | どこまで真実かどうか確かめるべきか? »