« 一発勝負の勝負強さを養うには | トップページ | 23億円の宇宙旅行 »

2006年3月 6日 (月曜日)

エリートスポーツ選手のモラル

駒大苫小牧がセンバツ出場辞退を高野連に申し出、受理されました。

3年生部員が飲酒・喫煙したとのこと。

昨秋の北海道大会、神宮大会共に優勝し、優勝候補筆頭と噂されたチームでしたが、思わぬところで足をすくわれた格好となりました。

しかし、高校野球のクリーンなイメージに反し、意外に名門校の不祥事が多いことが気になります。

昨夏は高知の明徳義塾高校が部員の暴力で、出場を決めていた夏の甲子園を断念することとなり、その後、部員の窃盗事件まで発覚して、公式戦の出場すらできない状態が続いています。

少し前には多くのプロ野球選手を輩出したPL学園でも暴力事件があり、出場停止を余儀なくされた事件がありました。

高校野球に限らず、亜細亜大学野球部員の集団痴漢事件や、京大鎧玉部員の強姦事件、私が学生時代には早稲田大学のラグビー部や、帝京・日体といった名門校の運動部員が事件を起こすこともありました。

発覚した事件についてマスコミが過剰に反応している可能性もありますが、逆に日の目を見ないところで、もっと陰湿なイジメ、暴力、窃盗などが起きている可能性も十分に推認されます。

なぜ彼らは名門校のスポーツ部員として、将来性の存在と、注目されている事実を認識しながら、このような事件を起こしてしまうのでしょうか?

名門校ともなると練習や拘束が相当厳しく、それに伴う勝利や名誉が伴わなければ到底やってらんねー、という意識でもあるのでしょうか?

勝つために、名誉を得るために好きなことを頑張ることは、当然のことであり、それをやらされていると考えることは大間違いですし、自分の目指す目標のためには多少辛いことがあっても、自分の未来を信じ、自分に対する期待と注目を意識し、我慢して頑張ることは基本だと思います。

エリートスポーツ選手の一部にはこうしたモラルに欠如した人が少なからずいるのでしょうか?

私が東大鎧玉部に在籍時に、ある女性が痴漢にからまれていたのを助けたことがあり、その数日後、その痴漢が仲間二人を連れてお礼参りに来たことがあります。

私は言われ無き暴力をふるわれることの理不尽さにふるえつつ、必死で怒りをおさえて、その場から逃走しました。

もし、あそこで、私が反撃をしていたら、私も、チームもマスコミの非難を浴び、今どうなっていたかわからないです。あの時の自分の判断については今でも褒めてあげたいです。

スポーツはクリーンであるべきですが、現状としてそうでない部分も多々ありますし、そういう所をしっかりと周りが見極め、指導者らを中心にモラルの高い爽やかなスポーツ選手を育てていくことが大事だと思います。

|

« 一発勝負の勝負強さを養うには | トップページ | 23億円の宇宙旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリートスポーツ選手のモラル:

» 出場辞退について [スポーツ遊楽創(ブログ版)]
「とっても残念である」 駒大苫小牧の校長が言っていた。だが、いったい何が残念だっ [続きを読む]

受信: 2006年3月 7日 (火曜日) 07時15分

« 一発勝負の勝負強さを養うには | トップページ | 23億円の宇宙旅行 »