« どこまで真実かどうか確かめるべきか? | トップページ | あわただしい一日 »

2006年3月21日 (火曜日)

夢を与える仕事

WBCは日本の優勝で幕を閉じました。

アメリカに対して納得のいかないジャッジで惜敗した際や、もうダメだと思った二次リーグの韓国戦の直後など、選手はしんどい思いを何度もしたと思いますが、それらを乗り越えて、優勝をかちとった姿に感動と勇気を得た人は少なくないと思います。

プロスポーツ選手は見る人に夢を当てる職業とも言われますが、今回の代表選手達は皆、プロ意識をもった素晴らしい選手だったと思います。

これで、これからプロ野球選手を目指したいと思う子供も増えるでしょうし、苦しい時に頑張れる子供も増えると思われます。

今回の優勝については、3敗もしといて優勝と言えるのか、アメリカに勝てず、韓国に負け越し、ドミニカ・ベネズエラ・プエルトリコといった強豪と試合をせずに優勝といえるのか、疑問を持つ人は少なくないと思いますが、それもまたルールという枠組みのなかで行われるスポーツ故のものなのでしょう。

野球で言えば、同じ外野への飛球でも、外野手の守備位置によって、右中間を抜けるスリーベースヒットとなったり、単なるライトライナーになったりします。

ルールという枠組みがあるからこそ、公正な競技ができるのであり、その中でどうすれば優勢にゲームを進められるか考え、実践するのは当然のことと思います。

ところで、このような、見る者に夢を与えた野球選手と正反対に、逆に子供らの夢を害したかもしれない残念なニュースもありました。

川崎フロンターレの茂原選手(FC東京の茂庭選手とかけた投稿があちこちで目につきました。)が女性宅への住居侵入容疑で逮捕されたというニュースです。

本人は否認しているということで、現時点では断定的な事は書けませんが、もし事実なら、サッカーファンやサッカー選手を目指す人たちに対して大きな失望感を与えると思います。

住居侵入が単発の事件として取り扱われるのは珍しいですが、ストーカーを始めとする近時の問題が社会現象として認識。定着してきたのかもしれません。

今後は、茂原選手の供述内容の合理性や、被害者との関係、動機・目的の有無などが重要な間接事実として、捜査が進むと思われますが、もし事実であると判明した際には、日本プロサッカー界あげて、プロサッカー選手の信用を回復する措置をとる必要が生じるのではないかと思いますし、それは非常に残念なことです。

|

« どこまで真実かどうか確かめるべきか? | トップページ | あわただしい一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢を与える仕事:

« どこまで真実かどうか確かめるべきか? | トップページ | あわただしい一日 »