« 醜い努力も報われる? | トップページ | 寒い!寒い! »

2006年3月28日 (火曜日)

熱戦 甲子園!

高校野球で連日熱戦が繰り広げられています。

WBCでは息のつまる投手戦が多かったのですが、高校野球も初日が全試合完封ゲームになったのを見た限りでは同じようになるのかと思いきや、昨日・今日と熱い打撃戦が繰り広げられています。

金沢桜丘対愛知啓成で、8回まで1-1の投手戦、9回表に金沢が2点勝ち越して勝負ありかと思えば、土壇場の9回裏に愛知が3点とってサヨナラ勝ち

今治北対延岡学園では、4-0で迎えた5回に延岡学園が一挙9点のビッグイニングを作り、流れをつかむが、その後今治北が8点取り返し逆転勝ち

今日の東海大菅生対秋田商業では中盤までに8対2と大量リードを奪われた秋田商業がこつこつと点を返し逆転、その後一旦追いつかれるも、勝ち越し点を挙げて勝利

野球というスポーツは、流れが傾いたときにとてつもないプレーが連続して発生することが良くわかります。

いずれの試合も、勝った高校は、苦しい時間帯をなんとかしのいで、チャンスをものにした、負けた高校は、苦しい時間帯に我慢しきれず、ずるずると失点して惜敗する結果となってしまったのでしょう。

我々の生活においても、どんなに実力のある人でも必ずピンチは訪れますし、この苦しいときにどれだけ頑張れるかこそ結果をつかめる人とそうでない人との分水嶺になると思います。

苦しい時に頑張れる人は尊敬に値しますし、自分もそうなりたいと思います。

ところで、今日はあいにくの雨で第3試合が順延されてしまいました。

智弁和歌山のJock Rockが大好きな私としては、残念でなりません。

|

« 醜い努力も報われる? | トップページ | 寒い!寒い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱戦 甲子園!:

« 醜い努力も報われる? | トップページ | 寒い!寒い! »