« Jリーグ開幕 | トップページ | エリートスポーツ選手のモラル »

2006年3月 5日 (日曜日)

一発勝負の勝負強さを養うには

WBCの日本代表が期待に反して韓国に負けてしまいました。

序盤はまずまずでしたが、追加点が奪えないまま、まさかの逆転2ランをくらい敗戦。

攻撃では、大事なところでヒットが出ないばかりか、バントすらできない状態。

投手もなかなかストライクが入らないばかりか、2アウトをとっていながら後続を出してピンチと投球数を増やす状態。

あまり良いパフォーマンスとは言い難いできばえでした。

思えば、シドニーでは大事な試合で韓国に負け、アテネでも大事な試合でオーストラリアに負けた。

戦力的に互角以上のはずの試合をここまで絵に描いたように負けるのではやはり勝負弱いと言わざるを得ない気がします。

プロ野球選手は毎年多くの試合をこなしますが、負けられない試合をすることはせいぜい10試合で、あとは、リーグ戦の1試合という余裕から普段の実力が出せているのではないでしょうか?

こうした余裕があるときに、実力を出せるとはある意味当然のことですし、今日の序盤もそんな感じがします。

負けられない一発勝負で実力が出せないのはこなした真剣勝負の場数が足りないからではないでしょうか?

今回のWBCが今後の日本野球に大きな指針を示してくれそうな気がします。

とはいえ、今日の敗戦は全く関係なく、二次リーグで韓国を倒して2位に入ることが大事なので、これから修正して、アメリカでは韓国を倒して準決勝に進んでくれることを期待します。

|

« Jリーグ開幕 | トップページ | エリートスポーツ選手のモラル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一発勝負の勝負強さを養うには:

« Jリーグ開幕 | トップページ | エリートスポーツ選手のモラル »