« 宇治の玉突き衝突事件 | トップページ | 誘導自白 »

2006年2月14日 (火曜日)

バレンタインデーの有効利用法

日本ではバレンタインデーといえば、「女性が意中の男性にチョコレートをあげる日」という定義をベースに、地域や年代によって微妙にアレンジが加えられた概念となっています。

そして、バレンタインデーは主要国共通の儀式であるので、諸外国も同じかと思えば、そうではなく、それぞれの国でバラバラな概念となっているようです。

中国では男女双方向の愛を伝える儀式として、アメリカでは男性が女性に対して愛を伝える儀式として、韓国では兵役で引き裂かれる可能性のあるカップルが毎月14日に定期的に会うための儀式として運用されているようです。

日本では、バレンタインデーはチョコレート業界の陰謀と言われて久しいですが、子供が出来るまで結婚を決意しない、あるいは、交際の同意をもらうまでは頻繁で電話し、デートに誘うものの、同意をもらった途端安心して、それ以上愛を深めようと努力しない、ということがしばしば見られる消極的な日本の恋愛事情においては、クリスマスやバレンタインデーといった記念日にはしっかりと乗っかって、愛を深める機会として利用するのが良いと思います。

ただ、義理チョコの制度は個人的には悪習だと思うので、これを禁じるアメリカや近時の日本の風潮には大いに賛同するものがあります。

バレンタインデーの存在価値は愛を深める機会として存在するところ、義理チョコのやりとりを通じて、今後の恋愛関係について駆け引きをすることは場違いな事だと思いますし、恋人がいるにもかかわらず、恋人以外の異性にもプレゼントを渡すことは、かえって愛を毀損する可能性すらあります。

交際関係に入ったあとは、ダラダラとマンネリ化した関係を続けてしまいがちですが、誕生日やクリスマス、バレンタインデーといった記念日をうまく利用して、最大限の愛を恋人に伝え続け、愛を深めていけることができれば、一生いい関係を保てるのではないかと思います。

昨年、私は、韓国のローズデーを試してみましたが、特別な日でもない限り高級なレストランに行ったり、プレゼントをしたりといったことはなかなかできない(かえって不審がられたり、無駄遣いと怒られるかもしれません)ため、こういう機会には乗せられず、逆にうまく利用するのが、非常に良いと感じます。

そう考えると、日・中・米のバレンタインデーは形式は全然違いますが、その実質は同じかたちで利用されているのかもしれません。

|

« 宇治の玉突き衝突事件 | トップページ | 誘導自白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインデーの有効利用法:

« 宇治の玉突き衝突事件 | トップページ | 誘導自白 »