2019年6月19日 (水曜日)

任せたことはきちんと把握する

ITの発達も利用してか、自分の能力を超えて他人の力を借りる機会は昔より増えていると思います。しかし、他人の力を借りっぱなしになってはいないでしょうか。それは現代的には便利なようで後でしっぺ返しをくらうパターンだと思います。
たとえば弁護士の中には、税理士など近隣士業者と組んでチームで対応できる業務範囲を広げようとしている人がいます。しかし、その実態は役割毎の縦割業務で、その弁護士に税務の相談があったとしても、チーム内の税理士に丸投げで、依頼を受けた弁護士自身はその税務相談の内容はおろか、進捗さえも把握していないケースがほとんどです。そのような対応をしていては、依頼者に早晩そっぽを向かれるのは避けられないでしょう。
自分のできる業務を部下に任せる場合、たとえば会社で上司が部下に仕事を頼む場合、もちろん原則は仕事をもらう部下が、報・連・相を果たすべきです。しかし、想定される時間を過ぎているのに何も部下からアクションがない場合にも、全く動かない上司というのはしばしばいます。部下が報・連・相を果たさないと怒るだけでは上司は役割を果たしていません。上司からも適時に進捗を尋ね、部下の怠慢を許さず、仕事の適切な進行を促進させる必要があります。
現代的には、他人の力を借りやすくなっています。しかし、投げっぱなしでは必ず信頼を失います。頼む内容を的確に理解したうえで、その進捗状況もきちんと把握する必要があります。その点に気を払ったとしても、他人の力を借りるメリットは十分に残り、今後も他人の力は積極的に借りるべきだという風潮が強まるでしょう 。
便利さを欲張りすぎず、他人に任せる時こそ丁寧にコミュニケーションを果たし、その内容を適時的確に把握することが、現代的にますます重要になっていきます。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火曜日)

Do not stay long at your visit to office

When we visit somewhere as a visitor, the host of the place will welcome us and keep good condition.  One of the condition is air conditioner.  The host of a building keep the room cool by air conditioner because they feel that those who walk outside may be hot.  Some host may prepare expensive meal to visitors. 
As you can imagine, this is a burden for the host, so if we stay long, they may dislike us.  As of air conditioner, we sometimes catch a cold at our visiting office because of the low temperature of the room.
In kyoto, the host recommend "ochazuke" when they want to get rid of their visitor.  Long stay in a visiting place is a nuisance to the host of the place.  So even if it is comfortable to stay there, we should refrain from staying long, otherwise we may be hated.
I hope you will have a nice time this week.

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月曜日)

夕食の時間的価値

仕事で遅くなっても家で自炊したり、惣菜を買って家で食べる人は多いです。そうする理由は、①野菜摂取などの栄養バランス②予算の都合、かと思います。ダイエットや健康の観点から見ると、まずは何を食べるか、野菜を中心にバランスの良い食生活が大事ですので、これは一面正解です。しかし、夕食は何を食べるかに続いて、いつ食べるかも非常に重要な要素です。いくら健康的な食事でも寝る直前に食べては体によくありません。
ここで、最初に出てきた予算上の問題。外食はもちろん、自宅での食事よりも割高です。しかし、電車に揺られて帰るシチュエーションであれば、帰ってから食事をして寝るよりも、電車に乗る前に食事をしてから帰ると、食事から就寝までの時間が稼げ、入浴や睡眠を妨げることがありません。私は夜遅くまで会議などがある日は、夕方に出前やお弁当を食べて、帰宅後は水だけにすることが多いです。これも、多少割高でも早めに食べてしまうことで、就寝の方を守ろうとしてのことです。
このように、夕食は早く食べられるなら早く食べた方が体に良い影響があり、価値があります。金銭債権について、時間的価値を計算することは会計人には常識ですが、夕食も、早く食べた方が価値があり、遅くなればなるほど価値が毀損する、という理屈も十分成り立ちそうです。ですので、額面通りで得か損か判断するのではなく、時間的価値を考えていつどのような夕食を食べるか考えることが、健康を守るうえでのひと工夫となります。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日曜日)

120cmを超えたので②

今週は久しぶりに浜寺公園に行ってきました。浜寺公園は意外にも1年ぶりくらい、しかし、このブログでは既に3~4回紹介したはずで、もうネタはないと思っていましたが、大本命の遊び場で大きな変化がありました。ゴーカート場です。ゴーカート場は、「120cm以上」または「8歳以上」から二人乗りゴーカートの右側、すなわち運転手側に座ることができます。まだ5歳ですが、120cmを超えたので、今日が運転席デビューです。
Img_3682
アクセル・ブレーキの入れ替えはスムーズですが、カーブはまだハンドルを切りすぎて危なっかしい運転でした。助手席でまるで教習所の教官のようにハンドルをサポートしました。
Img_3684
信号は青なので進みます。比較的簡単なところでは助手席から写真を撮る余裕がありました。
Img_3685
本人の希望でいよいよ一人乗りデビュー。まだ早いとは思いましたが、本人のやる気を尊重しました。自分でシートベルトしめています。
Img_3692
意外とスムーズに運転でき、前を走る車を捉える快走ぶり。あまりあれこれ心配せず、本人のやりたいことはバッチリやらせた方がよいのかもしれません。
遊園地で自由に走り回る車は何度も運転していますが、決まったコースを、前後の運転者に迷惑をかけずに運転する経験はなく、非常に心配しましたが、杞憂でした。この世代の子どもには、「やりたい」と自己主張することはあれこれ心配せずしっかりやらせてあげることが大事なのかと思います。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土曜日)

2軒目を断る勇気

過去に、締めラーメンは断るべきだ、という記事は書いたことがありますが、最近、惰性で二次会に行かないよう気をつけるべきと感じます。一次会が楽しく終わるとその時間をもっと続けたいと、二次会になだれ込みます。しかし、その楽しい時間が続くという思いはただの幻想であることが多いです。
まず、同じメンバーで長い時間話していては、話題が不足します。何年ぶりかの再開ならいざしらず、よく知った者同士で長く飲んでも似たような話題が堂々巡りするだけで、二次会の楽しさはトークの内容面で希釈化されます。
続いて、二次会はどうしてもお酒のペースは落ちます。おそらく私のように、お酒が目的ではなく、おいしい食事をお酒が引き立ててくれるのを望んでいる人も相当数いると思われますので、飲食面でも満足度はおちてしまいます。
さらに、酔いが進むとどうしても失言・失態の確率が増えてきます。そうなると、楽しい雰囲気はぶち壊しです。そうなると、人間関係上の損失は計り知れません。
私はあまり交際費に予算を組んでおらず、かつ、一次会でハイペースで飲むため、二次会にはあまり行かないよう気をつけているのですが、そうでない人も、「思い出は楽しいままに」保存する工夫も大事。そのためには、楽しいと感じた一次会でその思い出を凍結しておくことが、「付き合いが悪いと思われる」という代償を払っても良い選択であることも頭の片隅においておくとよいと思います。

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金曜日)

持続可能の条件

プロスポーツ選手は当然、運動ばかりしているわけではありません。運動できる、すなわち体が動く時間は限られており、トレーナーのもとでこの体が動く時間を最大限に活用するトレーニングプログラムを作成します。
体を動かさない勉強はというと、東大を目指すために「1日朝から晩まで勉強した」という人は時々います。しかし、勉強は体を動かさない代わりに頭を動かし、頭のスタミナの問題はどうしても生じます。また、集中力も大事で、人間が丸一日集中力が続くわけがありません。ですので運動同様、計画的に効率的なプログラムを組み立てる必要があります。勉強に似たデスクワークにも同じことが言えるでしょう。
要は何をするにも、気が向いた時に努力すればよいわけではなく、我武者羅に時間を投資すればよいわけでもなく、持続可能な最大効率のやり方をみつけることが大事です。持続可能であるかはその日の体調や、疲れの残り具合にもよるでしょう。ですので、時には疲れを理由に努力量を減らすことも大事でしょうし、しかし、それが目の前の辛いことから逃げるものであってもいけません。
将来的には自分の体力や疲れなどを数値化して、最善のトレーニングプログラムを出してくれるソフトなども開発されるのかもしれませんが、今はこの退き時は自ら見極める必要があります。原則、根性論で頑張る、という選択で良いと思いますが、今日は無理にできても、明日明後日続かない、というようなときは早めに切り上げて回復に努めることも大事な判断になります。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木曜日)

補助者はあくまで補助者

法律事務所でも会計事務所でも資格を持たない補助者が活動する仕事があります。法律事務所の場合、弁護士名義で作成する書類の定型的な部分を作成する完全な無資格者が、会計事務所の場合、会計士試験は合格したものの、まだ登録要件を満たしていない若手がこれに該当することが多いです。こうした補助者は当然のことながら無資格者なので、自分の名前で仕事をして対価をもらうことはできません。しかし、その中には正式に登録された資格者よりもうまく仕事をこなす人はそれなりにいます。では、こうした有能な無資格者をどんどん登用していってよいでしょうか。
事務所としては業務効率が上がりますし、お客としても対価が安くなるというのであれば、誰も反対しない構造になりがちです。しかし、資格というのは能力面・倫理面における公的な要件を満たして初めて付与されるもので、仕事さえできれば誰がやって良いというものではありません。事務所としては補助者の関与する分野と割合をきちんと管理しなければいけませんし、仕事のできる補助者は、その仕事で食べていくなら一刻も早く資格を取得するよう努めなければいけません。本当に仕事ができるなら資格を取得するのはそう困難なことではないでしょうし、これを「形式的な手続」と思うのであれば、倫理的に資格者としての資質にかけています。
と、ここまで資格を例にあげて書いてきたのですが、今日の本題は無資格者の話ではなく、ある活動が運動としてできる・できないがあるとしても、本当にその活動でうまくなって社会に貢献したいというのであれば、社会に信頼されるために必要な要件があり、心の持ちようがあるはずです。それを無視してただひたすら結果に走る人間は、たとえ一時リードされていても必ず逆転できます。その相手は、その業界のトップランナーの補助者的な位置づけから殻を破ることができないからです。
本当にうまくなりたい、逆転したいと思う分野では、必ず満たすべき要件や心のあり方があるはずで、これを形式的なものと思わず、丁寧に積み重ねることが、実はうまくなる最短経路であり、逆転の路であることが多いのではないかと思います。

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水曜日)

物知りに頼らない

チームで仕事をする際に、知識の多い人がいると助かります。何かわからないことがあったとき、調べずにちょっと聞くだけで答えてくれるからです。おそらく顧問弁護士や顧問税理士はこうした便利さ・聞きやすさが非常に重要なサービスポイントになるのでしょう。
しかし、これは時間が惜しく早く物事を進める必要性がある場合の話。長期的に成長するためには、地道に調べて考えていく作業が不可避です。たとえば、子どもが英語や国語を学ぶ際、地道に辞書をひく作業が大変です。しかし、特に英語は、何度も何度も辞書をひくことで体で単語を覚えたり、単語の意味以外の知識を合わせて得たりすることで、総合的な英語力を身につけていきます。これと同じで、仕事でも、趣味でも、1つ1つ調べて、考えて進んでいくことは遅いですが、着実な進歩になる反面、ぱっと誰かに聞いてすぐに得た情報は、頭に残りにくいです。
というわけで、物知りは、本当に時間のない時にだけ頼り、そうでない時間帯は自分で調べて進める、この意識がとても大事です。人に限らず、IoTの便利な道具は次々と現れてくるでしょうが、これらは時短のツールとしてとらえ、日常的な依存度は高めないことが、自らの成長の機会を確保し、成功につなげる、実は「急がば回れ」の現代的戦略だと言えそうです。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火曜日)

Do till we can acieve it first time

When we try something, it sometimes takes ong time to achieve it first time.  Some people may give up due to its difficulties.  However, if we ca achieve it once we will be able to do it easily.  We should try hard till the first acievement, the effort will not be a void, and we can get sophisticated skill.
Even if we found it difficult to achieve, we should never give up trying it, and we shoud continue to make effort till we achieve it first time.
In addition, when we achieved it first time, it will not be a effective way to continue trying it, so we had better seek other aim.
There is a phrase "Never give up", it means that we can achieve it in the future, so it is a bad selention to give up, but it is also a bad selection to continue same effort.
Therefore, I continue to achieve something and seek another aim.
I hope you will have a nice time this week. 

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月曜日)

食べられる時に食べる・飲む

5月に急に暑くなって体調を崩しがちです。5月中は、寒暖の差に対応できないことにより風邪っぽくなるのが多いと思いますが、6月に気温が上がり、まだ雨も降らない時期は暑さにやられて夏バテ的な症状で体調を崩すことが多くなってきます。
このような時期の対策はきちんと食べて飲むこと。食事に関しては暑いとどうしても食欲は落ちますが、涼しい日や涼しい環境にある際にしっかり食べることで体のエネルギーを確保することが大事です。この時期、汗はたくさんかきますし、どうしてもあまり食べられない時期が増えてきますので、体重はあまり気にする必要はありません。アイスやビールなど冷たい飲食物を暴飲暴食しなければ必ず体重が落ちる時期は訪れます。ですので、普段は体を守るためにしっかり食べることが大事です。
そして、水分。暑い外へ出かけるとき、外から帰った時に水分補給するのはもちろん、就寝中に汗をたくさんかきますので、寝る前に十分な水分を摂ることが大事です。水分といっても、お酒やコーヒーといった脱水作用のあるものは控え、入浴や筋トレなど体を熱くする活動も早めに終わらせた方がよいでしょう。
安らかな睡眠を得るためにいろいろ準備すべきステップがありますが、この時期は体内の栄養と水分を維持しながら回復することが特に大事であり、普段よりもまして夕食から睡眠までの行動の組立を工夫することの重要性が増してきます。

| | コメント (0)

«怖いもの知らず