2017年7月26日 (水曜日)

契約内容を工夫して終身雇用を実現せよ

日本の年功序列や終身雇用制度は既に崩壊しつつあると言われます。これらの精度は、組織に貢献した人に対する敬意を示すなどの、日本ならではの良さを有しながら、どうしても制度的に不合理にならざるをえない場面が生じることが、後世に残せない要因となります。
組織に加入した人が皆、成長して組織に貢献し続けてくれればこの制度は機能します。しかし、組織内での活躍の場は限定されますので、どうしても、一部の優秀な人材を幹部クラスに取り立て、その出世レースに乗り遅れた人は窓際で比較的簡単な仕事をして定年を待つ、というのがよくあるパターンです。
しかしながら、AIがこの調子で発展すると、比較的簡単な組織マネジメント業務がまずAIに任されて、中間管理職の仕事が減ると言われています。すなわち、出世レースに敗れた人は、追いやられる窓際すらなくなる見通しです。
そうすると、出世レースに敗れた人は組織から追い出される、というのが帰結ですが、少し工夫の余地がないでしょうか。
プロ野球ではオフに毎年何人もの人が引退します。その中には、まだ現役として活躍できる力があるにも関わらず、球団編成の都合により、球団職員のポストを用意して事実上球団から引退勧告しているようなケースも見られます。
私は、選手を大事にする球団であれば、体が動く限り、選手としての契約を第1に考えてあげるべきだと思います。これまでチームに貢献してきた経験のある選手であればなおさら、チームの調子が悪い時期にワンポイントでも必ず、チームに有益な活動ができるはずだからです。
もちろん、フルシーズンの活躍ができない以上、給料はそれなりに減ることになるでしょうが、給料は減っても現役生活を続けたいという選手の意向をくみ取れる球団こそ、選手を大事にしているといえるのです。
同様に、出世レースに敗れた人も、そこまで勝ち残った以上、何らかのかたちで組織に貢献できる力があるのは間違いありません。単純業務ではなく、多少量が少なくなっても、経験ある人にしかできない業務を任せた方がよいのではないでしょうか。
業務量が減る以上、給与は減る。これはやむなしで、後は被用者側が、給料が減ってもその組織にい続けたいか、新天地にチャンスを求めるかの判断になるでしょう。
終身雇用には、日本人の良い精神性が反映されており、「条件が悪くなっても組織に貢献し続けたい」という人がいるならばそうした人材を大切にするのが成長する組織の要件。
まずは、そうした人材をクビにしないで済む方法をしっかり考えてみることが大事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火曜日)

「夏期」っていつのこと?

「夏期限定サービス」と打ち出す広告はよく見かけます。しかし、広告主はこの広告の危険性を理解していないのでしょう。
「夏期」とは「夏」と同義と考えれば6月から8月。いわゆる「夏」を感じる時期に限定しても、雨が減る7月上旬から8月いっぱいは社会通年上含まれるでしょう。ということは、最悪、6月から8月まで広告のサービスを行わなければ「虚偽広告」の責任を負う可能性があるわけです。
おそらく広告主の意図としては、夏期にサービスをするが、その期間はニーズに合わせて適当に調整したく、その幅を持たせるためにこのような表記を選択しているのでしょう。しかし、広告は受け手がどう受け取るかの方が、出し手の意図よりも法律上重視されます。このような言い訳は少なくとも裁判所では通用しません。
ですので、広告主側の対応としては、「夏期限定サービス」という広告を出した後、その期間外となった契約相手には、すべて、サービス対象外であるという告知をしなければいけません。
逆にお客側からは、自分が取引する日がサービス対象かどうか、一応確認したうえで、それをできればメールか録音で残しておくと、サービスを受けられない対価として大幅な値引きを交渉できると思われます。
幅のある表現というのは使い勝手がよいように見えて実は扱いの厄介な代物。あまり使わないにこしたことはないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月曜日)

起きたらぬるま湯につかる

この季節、健康のためには室温よりも、体温をいかに正常にコントロールするかが大事だと言われます。夜は体温をあげて少しずつさげていくような工夫、朝は体温を徐々に上げていく工夫が大事です。
私の場合、夜に仕事を終えて夕食をとって寝るまでの体温管理はおおむねできているのではないかと思います。しかし、朝が課題で、汗だくで起きて腹筋をすると体温は朝一番からどんどんあがってしまい、6時台から汗だくで過ごしています。
そんな私の対策は、朝起きたら、追い焚きしない残り湯に入ること。朝起きてさっと汗を流してシャンプーをして、ぬるま湯に入ると、少し上がりすぎの体温が落ち着き、快適な朝を過ごせます。
夜も、比較的ぬるいお風呂に入ることで、クーラーを早めに切っても過ごせるような体温に調節が可能です。
私は本当は熱い風呂が好きなのですが、熱い風呂に入ると体が芯から熱せられてあがった後汗が滝のように出てしまいます。逆にぬるい風呂に入ると、お風呂あがりは少し寒気すら感じますが、それにより、エアコンに頼らず快適に過ごせるのです。
睡眠の管理をベースに考えると、体温を高から低へ、低から高へいかにコントロールするかが重要で、できればこの管理はエアコンに頼らない方がよいです。そのためには、ぬるいお風呂に入ることがいろいろ使い勝手がよいやり方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日曜日)

山の中の砦

今週紹介するのは、宇治市の山城総合運動公園。通称太陽が丘。京阪とJRの宇治駅からバスが出ていますが、歩くの大好き親子はJR宇治駅からせっせと上り坂を歩きます。その向こうにはサンガタウンもある山の一帯です。
目的は巨大砦。山の中の砦で雰囲気があります。
S_img_1828
中は網だらけ。慎重に、頑張って進みました。
S_img_1837
何やら忍者の修行場のようなエリア。まあ、宇治は伊賀や甲賀もそう遠くはないので、忍者がいてもおかしくありません。
S_img_1832
なが~~~~~い、お付き合い。ではなくて、なが~~~~~い滑り台。3回くらいカーブしてかなり下までおります。木陰で心地よい風が横切るのですが、その後階段を登るのが大変!
S_img_1836
で、疲れたので帰りは楽な道で。
S_img_1838
宇治は最近、インバウンドで外国人観光者がとても多い町。交通は便利なので、源氏物語第2部や、十円玉の表で有名なところに観光半分で行ってみるのも良い休日になるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土曜日)

苦手意識を克服せよ

初めてやることは失敗します。これは仕方がない。しかし、失敗をひきずって苦手意識を持ってしまうことは避けたいところです。
たとえばある物事に取り組んだが、緊張してうまくできなかった場合、次は、時間に余裕を持つなどしてリラックスして臨むのが一般的です。しかし、リラックスしすぎたり、のんびりやりすぎて今度は別の障害が発生してまた挑戦に失敗してしまうということがあります。
人間は過去にできたことが将来またできるかどうかわかりませんし、その日の体調の違いでできる事が変わる場合もあります。ですので、物事に取り組む際は常に複数のやり方を考えておき、あるやり方で難しそうであればすぐに別の方法に切り替えることが必要です。
とはいえ、手当たり次第にあらゆるやり方を試していては到底時間が足りませんので、ある程度の数を試したら、その中でどのやり方が一番成功の可能性が高いか考えて、1本にしぼって取り組むのが良いと思います。
苦手意識を持ってしまったがゆえの苦労ですが、苦労は必ず成長の糧になります。初めてやって失敗したことを2回目にすんなりできるようになるよりも、苦手意識を抱えて何度も失敗して試行錯誤を重ねた方が強くなれるということ。まさに難有り、有難しというやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金曜日)

チームでの逆転が難しい理由

個人戦と団体戦とでは、どうしても個人戦の方が逆転劇は生じやすいです。
個人戦では、本人の「絶対に逆転してみせる」という気持ちが結果につながりやすく、また、窮地に陥った原因は自分にしかない以上、自分で逆転しなければという責任感も寄与します。
これに対し、団体戦の場合、一部の人が強く逆転を信じて走り回っても、チーム全体で逆転に取り組まなければ、その思いは空回りして結果につながりにくいです。また、窮地に陥ったのは他人が原因で自分には責任がないと考えるような人がいると、逆転の機運が高まりません。
団体競技でよく言われる、one for all とか、チームの一体性といった意識が、戦術よりも大事だと言われるのはこの部分で、「結果に関わらず給料もらえるからいいや」「自分のミスじゃないから、あとは負けが自分のせいだといわれないよう無難にプレーしとこう」「自分ひとりはりきっても周りが頑張らなければ逆転は無理だから余計な労力消費は控えよう」といった考えをなくさないと、チームとして機能しにくいことを指します。
チームでの逆転を成し遂げるためには、苦境に陥ってから意識を高めるのではなく、普段のコミュニケーションの中で、苦境に陥ってもお互いを信用して最後まで走りぬこうと伝え合うことが必要です。チームを管理・指揮する立場の人間は、技術的な部分の指導も必要ですが、おそらくどの組織にもいるであろう、とっつきにくい自己中心的な人間や、組織の活動を私物化したがる人間ときちんと話をし、組織内のコミュニケーションを前向きにもっていくことが今後ますます求められるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木曜日)

Fundamental problem in working society

There is a serious social problem in Japan "overworking".
Overworking is a problem that a company imposes a worker too much work.  I drill down this problem today.
Those who overwork means that the person can deal much work. Those who can not deal work are not relied and therefore imposed less work.
Overwork is coused by such difference of working ability between workers.  Every company want to entrust important work to skilled workers.
Skiled workers often want to deal much work. On the contrary, those who do not have enough ability do not want to work.  This difference couses the bias of works.
From this view, what is important to solve overworking is not reduce skilled person's work but encourage those who do not have ability to work hard.
In order to create rish society, it will be necessary to facilitate such people to work hard.
I hope you will have a nice time this week.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水曜日)

いつの時代に入った人?

組織は様々な段階を経て今に至ります。創業期、成長期、低迷期、復興期・・・
大きく分けて、「のぼり調子のイケイケの時代」と「下降気味の苦しい時代」とがどのような組織にもあるでしょう。
組織を一体として動かしていくためには、構成員が同じ方向性を持って前向きに頑張っていくことが必要です。しかし、そこのは世代の違いにより様々な温度差が生じ、その
1つの原因が入った時の組織の状態だと思います。
前者ののぼり調子の時に入った構成員は、原則、優秀で成長志向が高い。それは、組織の成長期で組織側の買い手市場の場面でその組織で活躍しようと決意し、競争を勝ち抜いて入ってきた人たちだからです。
しかし、良い時代を最低ベースと考えがちなこともしばしばあり、組織の成長が下降線をたどった時に、踏ん張る能力はあるのに頑張らず、あっさりよそへの移籍を考えてしまいがちです。
逆に苦しい時期に入った構成員は、能力よりも積極性に優れ、「できない」ではなく、「どうすればできるか」真剣に考え、精一杯の貢献を組織にしてくれます。しかし、自分たちが苦労してきて今があることを骨身にしみているからこそ、温い後輩や、時には先輩にまで厳しくなりがちで、うまく人間関係を裁かなければハラスメントや組織分裂につながりかねません。
どちらのタイプが善で、どちらのタイプが悪というわけではありません。組織には多様な人材が必要で、どちらの人材も組織の発展に不可欠です。
重要なのは、構成員同志の自主的な人間関係の調整に任せきりにせず、ある程度上位者が常識的に、温度差のある人間同士の緩衝となること、そして、そのやり方は組織の状態に即して弾力的に行うことです。
微妙な温度差は見えないけれども五感で察知可能なもの。これを放置せず、うまくさばくことが組織の安定した成長のために不可欠です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火曜日)

ブログ紹介サイトのタイトル詐欺と元原稿執筆者の名誉棄損の関係

私の事務所には時々、ブログ紹介サイトから電話があり、このブログの記事を載せてよいかという問い合わせがあります。これに対する私の応対基準は明確です。
まず、有料掲載は論外。このブログは集客目的ではなくあくまで趣味の延長だからです。次に、タイトルの無断改変が条件に入っていればお断りします。
タイトルも著作権の範囲内であるため、著作権者の同意を得なければこれを変更することはできません。ブログ紹介サイトが、タイトル変更権にこだわるのは、旬のキーワードをタイトルに盛り込んで検索からの閲覧率をあげようとする意図です。
しかし、ほとんどの場合、変更されたタイトル名は、クリックを得る目的ありありのあからさまなもので、タイトルと内容が一致しない、いわゆるタイトル詐欺の記事になってしまいがちです。そうすると、ブログ業者の目先のクリックのために、筆者に不満が向けられてしまうので、タイトルの無断改変には応じられないのです。
また、タイトルの無断変更は執筆者の名誉棄損の可能性も左右します。ブログで書いた事実によって名誉棄損の責任が生じるのは、その事実が特定の人物に関する事実だと読者が特定可能な場合です。うっかりブログで他人の個人情報を開示してしまっても、その情報が誰の個人情報か特定できるか、できないかで責任の有無が変わってきます。
職業柄、このような責任に特に注意を払わなければならないため、私は特定の事件(自分で取り扱った事件についてはまず書かないので、ネットニュースで知った事件)についての記事であっても、特定の事件についてであることはまず明記しません。
それを、ブログ紹介サイトがアクセス増加目的で具体的な事件名に書き換えてしまうと、下手をすると、その事件の当事者に名誉棄損だと言われかねなくなるのです。
たかがタイトル、されどタイトルでアクセス数は変わる、しかし、それにより余計な責任を負ってしまっては論外。そういう経緯で、当ブログの記事は、有料サイト・無断タイトル改変サイトへの提供はお断りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月曜日)

最初の3時間を最高の状態に

寝苦しい夜。クーラーはタイマー設定で最初の数時間のみつけ、朝方には自動的にきれているのがよいと言われます。
それは、暑くて寝苦しい状態では、睡眠の「入り」が悪く、睡眠の質が落ちてしまうのが1点。
また、朝方に体が冷えた状態であると、体を起こすのに負担がかかって体に悪いのがもう1点の理由です。
私の寝室にはクーラーがありません。仕事柄、睡眠の質は確保したいのでいろいろ工夫して夜を乗り切っています。ここでのポイントは眠りに入る最初の3時間。
人の眠りは概ね1時間半のサイクルで、最初のサイクルから順に体力回復機能は大きいと言われます。6時間睡眠をとっても、そのうちおよそ7割の体力回復は最初の2サイクルで行われ、ここをしっかり休めていれば忙しい時は後の2サイクルを削っても致命的な負担にはなりません。
ですので、最初の3時間で以下に効果的に体力回復できるかがポイントです。そのためには、寝る時間を予め決めて、そこに最高の状態を設定するスケジューリングが不可欠です。
私の平日の就寝時間は最近は午後11時なので、大体毎日午後10時に体温がピークになるよう、飲食や運動を行います。そして、ここでデジタル関係は一切シャットアウトし、寝室の換気と照度調整を行います。あとは、のんびり、読んでも読まなくてもよい本を適当にパラパラめくっているうちに、体温が落ちていき、眠いと感じたタイミングで一気に眠りにつきます。
季節柄、水分摂取量が多くなりますが、排便で目覚めるのも、睡眠中の発汗も体に負担になるので、就寝前は水分は控え、朝起きたらすぐにしっかり水分補給するようにしています。
真夏でも夜は結構涼しくなるので、うまくその他の条件を工夫すれば3時間はしっかり寝ることは可能です。そして3時間ぐっすり寝れば、あとは多少寝苦しい状態でゴロゴロしているだけでも、翌日を乗り切る体力は十分に回復するでしょう。
最初の3時間の睡眠のために、有害な活動は排し、有益な活動をどんどん取り入れる、これが夏の夜を乗り切る鉄則だといえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«国鉄と阪急の線路に囲まれた公園